2020.8.29sun-30sat 武生中央公園内/越前市AW-Iスポーツアリーナ
ECHIZEN CRAFT MIRAI CoNEXTion 2020
3/1000

INFORMATION

多くの工芸やクラフトの作り手が、新型コロナウイルスの影響を受ける中、3産地の若手職人の皆さんも、千年未来工藝祭が改めて、作り手と使い手をつなぐ機会となるために、開催方法を模索・検討してきました。

3回目となる今年の千年未来工藝祭は、8月29日(土)、30日(日)としますが、これまでのような開催形態ではなく、オンラインを活用し、産地や作り手のことを今まで以上に深く広く知っていただけるような、コンテンツをお届けします。ウィズコロナ、アフターコロナの時代にもっと近い関係になることを願っています。

具体的には、過去の出展者にアクセスできるページや、プロダクトの「奥」をのぞく動画の配信、また当日産地と皆さまを繋ぐ仕掛けを企んでいます。

具体的な内容は、随時ウェブサイトやSNSで発信していきます。

基本的構想

人、技、地域、過去から現在、
そして未来へ繋ぐ。
五感で感じる 時空を超えた
工藝のフェスティバル。

千年未来工藝祭は、現代を生きる若者たちに作り手の技や製品、人柄に触れてもらい、工藝や手仕事を身近に感じてもらうとともに、次世代への継承のきっかけづくりを目指すイベントです。「工藝」や「人工」などの“工”という字は、二本の横棒で表現された「天」と「地」を結びつける「人」の営みを表現していたと言われています。
人、技、地域、過去から現在、そして未来をつなぐこと。様々な点を繋ぎ、結び付けることがこの工藝祭の最大の目的です。
Co
共に、共同体
+
Next
次に
+
ion
動作
=
CoNEXTion
CoNEXTionとは、「繋がり」という意味の“Connection”をもとに
「共同で次の次元に動かそう」という意味を込めてつくったコンセプトです。

Concept

People, mastery, local, past to present, then connecting to the future.
Feel the festival beyond the time and space with fine-tuned sense

It is an event called “1000 NEN MIRAI KOUGEI SAI”(One thousand years future craft festival) aiming at creating a chance for people living now to meet the traditional craftsmen in person, and touch their products.
We believe that it will help people to understand the craftsmanshipof our town and eventually to succeed passing the manual skills down to the next generation.
The character ”工” used in words “工藝”([koguei] craft) and ”人工”([jinko] artificial) consists of three lines, top bar as heaven,bottom as soil and the vertical line binding both as human life in between there.
People, mastery, local, past to present, then connecting to the future,joining these various points is the grand aim of the festival.

概念

人,技,地域,从过去到现在,并且连接着未来。
超越五感所感知到的时空的手工艺盛宴。

千年未来工艺节,是希望成长在现代的年轻人,通过触及手工艺人的手艺,作品及个性时,
在近距离感受其工艺与技术的同时,能够成为将手工艺传承到下个时代的契机的活动。
“工艺”“人工”等词当中的“工”字,表现为将两道横代表的“天”和“地”结合起来的“人”的作用。
人,技,地域,从过去到现在,并且连接着未来。
将各种各样的点连接,并使其相结合,是本次工艺节的最大的目的。
ECHIZEN CITY
主催:クラフトフェス実行委員会 共催:越前市 ©CRAFT1000MIRAI2020