主催:クラフトフェス実行委員会 / 共催:越前市

BESPOKE 伝統工藝|越前打刃物 伝統工芸士 弥氏良寬 Yoshihiro Yauji [寬-Kutsurogi-]

越前打刃物

一人の刀匠の想いから、世界屈指の鍛造産地となった越前打刃物

 

越前市に長らく伝わる伝統工芸の中で、包丁や鎌などに代表される「越前打刃物」は700年以上の歴史を誇り、現在も打刃物職人が日々鍛錬を続けている。

 

越前打刃物の歴史は古く、時は1337年(延元2年)、鎌倉から室町へと変わる動乱の南北朝時代、京都で刀匠として
名を馳せた「千代鶴国安」が、刃物に適した土地を求めていたところ、製作に必要不可欠な素材、「水」「鉄」「燃料」これら三つが豊富に揃った越前と巡り合ったことから歴史が始まる。国安という刀匠が訪れたことにより全国的にも秀でた産地となり、現在では世界的にもその技術を認められるまでになっている。

 

刃物を作るための工程は、大きく分けて14ある。鋼と鉄の塊を鍛造して強くし、形を作り、火を入れ、また打ち、火を入れ、冷やし、また打つ。そして、最後に刃を研ぎ仕上げる。工程の一部は機械化されたとはいえ、基本的な作り方は
700年前から変わっていない。中でも、越前打刃物の工程にはユニークな特徴がある。包丁の「二枚広げ」である。

 

 

「二枚広げ」とは、刃を二枚重ねて裏と表から槌で打ち、二枚同時に薄く延びるよう手早く作業する工程だ。二枚重ねることで厚みが倍になり、槌で打つことによって圧縮されることで強度が増し、板むらが少なくなり質の高い刃物に仕上がる。

 

 

 

歴史を紐解き、ものづくりの原点を未来に繋げる鍛人 弥氏良寬

 
越前打刃物 伝統工芸士 弥氏良寬は、「越前打刃物の最大の特徴である日本古来の火づくり鍛造技術・手仕上げを学ぶ中で、先人達が700年の歴史を持つ伝統技術を継承してきたことの偉大さを感じた」と言う。

 

 

幼少の頃から帰宅すると祖父と一緒におもちゃを手作りするなど、自分の手でものを作り上げる楽しさを覚えてきた。大人になり、自分の思いを残せるものを作っていきたいと強く思うようになり、日本刀を作ってみたいと刀鍛冶に憧れを抱きつつ、地元である福井県越前市にて700年の歴史をもつ「伝統工芸・越前打刃物」を学ぶため、タケフナイフビレッジの北岡刃物製作所に入社。和包丁をメインに親方の下で学び、2018年に伝統工芸士となる。

 

技術を取りいれていくための研究や、後継者の育成・指導にも余念がない。2021年4月に独立し、伝統工芸を通じて歴史・文化の「学び」、支援・互助の「思いやり」、生活の「寛ぎ」のワンアクセントになるようにとの思いを込め「寬-Kutsurogi-」を立ち上げた。

 

 

越前たたら研究会 https://echizenkanuchi.wixsite.com/info

 

 

弥氏良寬が代表を務める越前たたら研究会では、刃物にまつわる技術を後世に継承することを目的として、たたら製鉄の技術を研究する活動も行っている。

 

越前たたら研究会「鍛人(かぬち)」では、砂鉄集めから、炉の設計・刀剣づくりまで行うなど、ものづくりを一から学んでいる。それは、歴史を紐解くことで、刃物は包丁や鎌、鋏など人々の生活に直接関わるもののほか、職人のための道具としても使われていることをあらためて学び、ものづくりの原点である刃物作りに誇りを持つとともに、伝統工芸の魅力をより広く伝えていきたいと感じるようになったからだと、弥氏良寬は言う。

 

 

 

「心・技・体」を鍛え、伝統工芸の技術と共に喜びを伝える継承者に

 

 

共同工房を備えるナイフビレッジでも、親方達から多種多様な技術や思いを学ぶことにより「心・技・体」を鍛える事が重要だと教わり、伝統を守りつつ、技術・製法を進化させていくことに対しても日々勉強している。また、ナイフビレッジで行われている体験教室を通じて、自分の手でひとつのものを完成させたときの喜び、一から作り上げることで生まれるたくさんの笑顔に触れ、教え伝えていくことの大切さを強く感じているそうだ。

 

 

 

 

BESPOKE

伝統工芸士 弥氏良寬とあつらえる自分だけの刃物

 

 

越前打刃物の伝統を守りながら時代を先取る才覚。鍛冶職人の中でも人一倍,職人気質な人柄。越前打刃物 期待の職人 弥氏良寬と対話を重ねながら世界に一つだけのオリジナルの刃物作りをお愉しみください。

 

 

 

伝統工芸士 : 弥氏 良寬 Yoshihiro Yauji [寬-Kutsurogi-]

 

製 品 : 片刃牛刀もしくは、どんな刃物でも

 

特 徴 : 両刃のものとは違い、切れ味が鋭く、切ったものの変色などが起こりづらい片刃牛刀もしくは、ご相談いただければどんな刃物でもお作りいたします。

 

価 格 : 20,000円〜

 

製作可能サイズ : 刃渡り390mmぐらいまで

 

材 質 : 刃の材質は青紙(V特2)白紙(V2C)それぞれ2層と墨流し、ハンドル材質は、紫檀八角/水牛朴木八角/ケヤキ八角拭き漆  他

 

納 期 : 半年 〜 一年

 

 

ORDER FLOW

 

1.ご予約
オーダーフォームからご依頼の予約を承ります。

2.デザインのお打ち合わせ
ご予約を受付後、打ち合わせ日程を調整させていただき、当日はデザイン・素材・仕様についてのお打ち合わせをさせていただきます。遠方の方はオンラインでのお打ち合わせも可能です。

3.ご成約
伝統工芸士から内容、製作代についてのご連絡について、ご了承いただけましたら、ご注文の確定となります。 ご注文の確定時点で、製作代を頂戴しております。決済方法は、銀行振込・現金をお願いしております。

4.製作過程のご確認
工房もしくはオンラインにて、製作過程をご確認いただき、デザインの修正点がないかの確認させていただきます。

5.完成した製品のお渡し
工房、もしくは宅配便にて、完成した製品のお渡しとなります。
アフターサポートとして、壊れた場合の修理を有償で承ります。