0
PAGE TOP
2019. 8.31 Sat
11:0018:00
9.1 Sun
10:0016:00
※1日目の多目的グラウンド内は21時までとなります。
2019
8.31 Sat
11:00-18:00
9.1 Sun
10:00-16:00
※1日目の多目的グラウンド内は21時までとなります。
in 越前市AW-Iスポーツアリーナ
in 越前市AW-Iスポーツアリーナ
主催:クラフトフェス実行委員会 共催:越前市
SCROLL

コンセプト

人、技、地域、
過去から現在、そして未来へ繋ぐ。
五感で感じる 時空を超えた
工藝のフェスティバル。

千年未来工藝祭は、現代を生きる若者たちに
作り手の技や製品、人柄に触れてもらい、
工藝や手仕事を身近に感じてもらうとともに、
次世代への継承のきっかけづくりを目指すイベントです。
「工藝」や「人工」などの“ 工 ”という字は、
二本の横棒で表現された「天」と「地」を結びつける
「人」の営みを表現していたと言われています。
人、技、地域、過去から現在、そして未来をつなぐこと。
様々な点を繋ぎ、結び付けることが
この工藝祭の最大の目的です。
Co
+
NEXT
+
ion
=
CoNEXTion
CoNEXTionは、「繋がり」という意味の単語
Connectionをもとに
「共同で次の次元に動かそう」
という意味を込めてつくったことばです。

越前市について

世界に誇れるモノづくりのまち越前市

1500年の歴史を誇る『越前和紙』、
700年の歴史を継承する『越前打刃物』、
江戸時代から伝わる『越前箪笥』が
今もなお、
まちの文化・生活を支え続けている越前市。
世界に誇れる「モノづくりのまち」越前市から、
地域を超えて、時空を超えて、工藝の魅力をお伝えします。
本当に良いモノは、いつの時代も生まれ続け、
そして時代に合わせて変化していきます。
作り手との交流や体験を通して、モノとの関わり方や、
暮らしの中で良いモノを楽しむ意味を
改めて見つめ直してみませんか。

2019コンセプトムービー

お知らせ

  • 2019.11.06

    千年未来工藝祭1日目の夜にパフォーマンスとして行われた「CRAFT SOUND SCAPES」では、越前市の伝統工芸を中心に、北陸を代表する工藝の作業工程から出る音を組み合わせて、曲と映像を制作しました。   「CRAFT SOUNDSCAPES」は、ものづくりの際に生じる音や、古くから伝わる作業唄を掘り起こし、音楽家やアーティストたちの手で、CRAFTを別の視点から共鳴させることを目的としています。   /////   ものづくりの環境には、必ず音が生じます。そしてその音と、物、作り手の間には様々な関係性にあります。 そこで生じる音の風景や古くから伝わる作業唄を

  • 2019.11.01

      千年未来工藝祭で実行委員メンバーが当日着用したこちらの法被。 会場で見かけたという方も多いのではないでしょうか。 今回は、この千年未来工藝祭オリジナルの法被についてご紹介します。         この法被、なんと横糸に和紙を組み込んだ生地を使用して作っているのです。 和紙とコットンを混合して作った生地は、とてもやわらかく、通気性に優れており、 かつ丈夫で動きやすいという特徴を持っています。   まさに頻繁に動き回るイベントや、伝統工藝の職人さんたちにもぴったりの法被なのです。 日本の伝統衣装である法被は、元々無駄の無い、とてもシン

  • 2019.10.10

      今週末 10月12日(土)〜10月14日(月)に行われる RENEW2019にて、千年未来工藝祭の特設ブースが設置されます! 今年は紙の文化博物館に越前本部案内所が登場し、越前市の伝統工芸や千年未来工藝祭を紹介するほか、千年未来工藝祭ロゴのシルクスクリーン体験(体験無料)ができます。 トートバッグなどのRENEWグッズを持ち込んで、ダブルネームを完成させよう! レンタサイクルやRENEWタクシーの交通拠点としての機能も。 場所・紙の文化博物館 越前市新在家町11-12 日時・10月12日-14日 10:00-16:00 (グッズ販売、シルクスクリーン体験は13日PM〜14日のみ)